「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初場所で優勝!幕下陥落から見事復活した栃ノ心

2018 3/12 14:30奏希01
土俵
このエントリーをはてなブックマークに追加

問題渦巻く初場所でファンを魅了

2018年の初場所は異様な雰囲気での開催となった。というのも11月場所中に日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件、相撲協会での内輪もめ、式守伊之助のセクハラ問題といった悪いニュースばかりがはびこっていたからだ。

さらに追い打ちをかけるように、過去に行われていた春日野部屋の兄弟子から弟弟子への暴行、大砂嵐の無免許運転問題など不祥事が相次いだ。思えば2017年の初場所は稀勢の里が初優勝、さらには横綱に昇進し、相撲人気に再び火がついた。稀勢の里の弟弟子である高安が大関に昇進したまではよかった。

しかし、稀勢の里のけががなかなか回復しない。さらには鶴竜も休場を繰り返した。そこへ上記に挙げた年末の騒動が重なり、相撲界は険しい眼差しで見られることとなった。そんな中、初場所で圧巻の相撲を見せて、ファンを魅了し続けた力士がいる。ジョージア出身の怪力力士、栃ノ心である。

集中力でプレッシャーに打ち克つ

初場所で大旋風を巻き起こした栃ノ心。彼の凄かったところは、集中力ではないだろうか。握力が左右ともに90kgという怪力(ちなみに日馬富士は70kg程度)に、力任せにならない上手を引く正攻法が加わり、初日から6連勝を記録。7日目に横綱鶴竜相手に初黒星をつけてしまったが、その後も切れることなく連勝を重ねた。

12日目に鶴竜が連敗を喫したため、勝ち星で単独首位に躍り出た。さらに13日目も栃ノ心が勝って鶴竜が負けたため、優勝に王手をかけて14日目を迎えた。14日目の取組前、今にも吐いてしまうのではないかというくらいの緊張感が栃ノ心から伝わってきた。それでも土俵に上がると、シミュレーション通りの取り組みで松鳳山を下し、見事初優勝を手にした。続く千秋楽も勝利し、14勝1敗という見事な成績で初場所を終えた。

おすすめの記事