「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

“角界のニコラス・ケイジ”栃ノ心が初優勝!2018年初場所を振り返る

2018 2/6 15:51跳ねる柑橘
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年初場所の幕内最高優勝力士は栃ノ心!

土俵の内外で話題に事欠かない最近の大相撲。土俵外のいざこざはさておいても、元日馬富士が引退し、残る3横綱のコンディションも万全ではない。
2018年の初場所は、三役や平幕でも調子が良ければ優勝を狙えるのではないかと見られていた。

いざ結果を見ても、最も「後がない横綱」とされていた鶴竜が奮闘する一方で、白鵬、稀勢の里は負傷で途中休場。鶴竜、大関高安、そして前頭三枚目の栃ノ心による優勝争いとなり、14勝1敗で栃ノ心が初の幕内最高優勝を果たした。
三賞は殊勲賞と技能賞が栃ノ心、敢闘賞が東前頭十四枚目の阿炎と東前頭十六枚目の竜電となった。番付の上位から中堅の力士が苦しむ中、番付下位の力士の多くが勝ち越したのもこの場所の特徴だったと言える。

横綱としての意地。鶴竜の奮闘

今場所注目されたもののひとつに、3横綱の動向があった。元日馬富士が引退し横綱は3人。鶴竜と稀勢の里は2017年休場を繰り返しており、進退問題もささやかれていた。
白鵬も場所前には土俵外の騒動や、取組み時のクセを指摘され、負傷の程度が不安視されるなど、とても万全とはいえなかった。

いざ場所が始まると、これまでケガに苦しみ続けてきた鶴竜が爆発し、白星を積み上げる。10日目まで無敗をキープする好調ぶりを披露した。
一方で白鵬は、2日目まで連勝したあと2連敗、5日目の琴奨菊戦は不戦敗、6日目から途中休場。稀勢の里も初日に貴景勝に金星を与え、北勝富士には勝ったものの、その後3連敗。白鵬に続いて6日目に不戦敗となり、7日目から途中休場となった。

おすすめの記事