「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最年長現役力士 安美錦の相撲人生とは

2018 1/18 15:34跳ねる柑橘
力士
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役最年長!安美錦竜児

2017年の十一月場所で、昭和以降最年長の幕内再入幕を果たした力士をご存知だろうか。伊勢ヶ濱部屋の安美錦関だ。
1997年の初土俵から約20年のキャリアを誇るベテラン力士で、これまでに8つの金星と12回の三賞受賞を誇る。

2003年に、横綱貴乃花から自身初の金星を奪ったのもこの安美錦。貴乃花はこの取組みの翌日に引退を表明しており、これは彼を語るうえで有名なエピソードだ。
度重なる膝の大ケガを乗り越え、柔剛織り交ぜた考える相撲を展開。39歳で迎える2018年も第一線で気を吐く。そんな安美錦のこれまでを辿った。

兄弟関取、最年少入幕として名を轟かせる

安美錦の本名は杉野森 竜児。1978年10月3日、青森県に生まれた。高校卒業と同時に入門した安治川部屋には、実兄の安壮富士がおり、のちに兄弟関取となった。

師匠の伊勢ヶ濱親方は父のいとこでもあり、幼い頃から相撲に近い環境で育ったといえる。初入幕は2000年7月で、これは当時の幕内最年少だった。
新入幕となった七月場所では、10勝5敗という好成績をおさめて敢闘賞を受賞。そこから17年以上のキャリアで、殊勲賞4回、敢闘賞2回、技能賞6回と計12回の三賞受賞経験がある。

もともとは軽量な力士であり、力強い相撲というよりは技巧派として知られていた。ベテランになってからは、183cm141kgの体躯をいかした相撲も織り交ぜ、更に相撲の幅を広げている。2006年十一月場所には小結に、そして翌2007年九月場所で関脇に昇進。三役在位は通算で15場所となっている。

おすすめの記事