「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成の大横綱が引っ張る貴乃花部屋を徹底解剖

2017 12/4 15:33跳ねる柑橘
相撲部屋
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴乃花部屋はこんなところ

2017年冬のニュースで語られない日がなくなった貴乃花部屋。言わずと知れた平成の大横綱貴乃花親方が率いる相撲部屋だ。ニュースでは様々な話題がうずまいているが、ここで改めて貴乃花部屋とはどんな部屋なのか見ていく。

貴乃花部屋は江東区東砂にあり、2017年11月現在で2名の幕内力士、1名の十両力士、幕下以下6名の計9名の力士が日々稽古に励んでいる。
独自の方針を打ち出す貴乃花親方はもちろん、部屋のエース貴ノ岩と期待の若手貴景勝、親方の現役時代の再来となるかと期待される双子力士など、注目したいポイントがたくさんある部屋だ。その魅力を探っていこう。

貴乃花部屋の系譜は相撲界のサラブレッドの系譜

貴乃花部屋の系譜をたどると、1962年までさかのぼることができる。この年に初代若乃花(現親方の伯父・花田勝治氏)が、年寄10代二子山を襲名し創設したのが「二子山部屋」だ。
ここで初代貴ノ花(現親方の父・花田満氏)や、二代若乃花ら多くの関取が生まれた。初代貴ノ花は、引退後二子山部屋の部屋付き親方12代藤島として指導に当たっていたが、1982年に独立し藤島部屋を創設。

のちに本家の二子山部屋と合併し部屋名を「二子山部屋」に改名、12代藤島は11代二子山親方を継いだ。ここに親方の実子である貴花田(のちの貴乃花、現親方・花田光司氏)とその兄若花田(のちに三代目若乃花、花田虎上氏)が入門。兄弟そろって持ち前の才能を発揮し、若貴フィーバーと呼ばれる大相撲ブームの火付け役となった。

貴乃花は2003年に引退し、一代年寄貴乃花親方を襲名し二子山部屋付きとして後進の指導に当たっていたが、2004年に二子山部屋を継承。部屋の名前を貴乃花部屋に改めた。

おすすめの記事