「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

近畿大学を筆頭に強豪校多数!関西の大学相撲部を紹介

2017 10/13 11:07yokomori239
相撲部屋
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by 2630ben/shutterstock.com

最近の大相撲界では学生相撲出身者の活躍が注目されている。特に関東の強豪大学相撲部出身力士が目立つが、それに負けじと関西の大学出身力士も増えている。そこで今回は関西の大学における相撲部の歴史や現状、さらに出身力士について紹介する。

関西には創部100年を超える歴史を誇る大学相撲部も

関東に比べて関西は大学数も少ないので、相撲部がある大学もある程度限られている。それでも関西には、近畿大学を筆頭に、同志社大学、関西大学、関西学院大学、立命館大学、龍谷大学、京都大学、大阪大学などに相撲部がある。
最近では、関東の大学相撲部に大会などの実績では負けているが、歴史のある大学相撲部が多く、大相撲にもこれまで多くの力士を輩出している。また、今後角界入りを目指している相撲部の学生も多いのが魅力と言える。

近大相撲部の歴史は90年を超え、学生横綱も6人

関西の大学相撲部で何と言っても有名なのは近畿大学相撲部だろう。近大相撲部からは数々の先輩が大相撲界入りを果たしている。大正14年に創部され90年を超える歴史があり、全国学生相撲選手権大会の団体優勝は8回、学生横綱も6名輩出している。
過去10年間でも、近大は2010年に7年ぶりの団体優勝を果たした。ここ10年間で他の年は日体大の4回など関東の大学で占められているので、関西勢では近大の健闘が光っている。

おすすめの記事