「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

誰もが呆然!大相撲で起こった奇跡の一番

2017 7/10 10:25
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

白熱する大相撲の取組。毎回息を飲む場面があり、一瞬一瞬が見逃せない。 これまでの大相撲の歴史を振り返り、印象的な奇跡の取組を紹介する。

10分以上にも及ぶ死闘 魁傑関 VS 旭国関

1978年の春場所での奇跡。魁傑関と旭国関の戦いは、相撲ファンの中でも多くの人が語る熱戦だった。2人の三十路ベテラン力士の取組は、途中で水が入り中断。合計10分以上にもなる、まさに死闘とも呼べる戦いで、会場とお茶の間を熱狂させた。
一度それぞれが支度部屋へ戻り、一番(約10分)後の取り直しでは、両者はまた激い戦いを繰り広げ、魁傑関がすくい投げで白星を挙げた。まげも大きく乱れ、疲労困憊になった2人の姿は、激闘として今でも語り継がれている。
ふつう長くとも3分間ほどで決まる取組が多い中での異例の事態は、多くの相撲ファンを魅了した一番となった。

小泉首相のコメントとともに多くの人の記憶に残る奇跡の一番

2001年夏場所で行われた、貴乃花関と武蔵丸関の横綱対決。若貴フィーバー真っ只中の曙関、貴乃花関、若乃花関、そして武蔵丸関の4横綱時代の大相撲の盛り上がりは大変な人気だった。この場所で、開始から13日目まで全勝を突き進んできた貴乃花関は、14日目の武双山関との取組で右膝に亜脱臼を負ってしまう。千秋楽の出場を諦めざるを得ない事態に、多くの大相撲ファンが心配した。
そんな状態でも、平成の大横綱、貴乃花関は強行で戦いの場に。誰もが優勝は武蔵丸関になるだろうと予想していた。これぞまさに奇跡と呼べる優勝決定戦では、土俵に上がった貴乃花関が、亜脱臼していた右膝を回すと、上手にはまったのだそうだ。それでも右足をひきずりながら挑んだ一番。左からの上手投げで、優勝を勝ち取った。
小泉元首相のコメントとともに、日本中が大相撲に注目した年となった。

おすすめの記事