「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

真剣勝負が巻き起こす思わぬ一瞬!大相撲過去のアクシデントを紹介

2017 7/10 10:01TANANA
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

鍛え抜かれた力士同士が激しいぶつかり合いを演じる、日本伝統の格闘技、大相撲。 生身の身体と身体の戦いだけに、アクシデントやハプニングもたびたび起こります。 今回は過去の歴史の中で起こった特筆すべき事項を紹介していきます。

首相も感動した大一番!貴乃花関を襲ったアクシデントとは

平成初期に土俵上で最強の名をほしいままにした元横綱貴乃花関。現役最後の優勝となった2001年5月場所はアクシデントを乗り越えてのものでした。
全勝で迎えた14日目、武双山関と対戦した貴乃花関は巻き落としで敗れ、その時に右膝半月板を損傷したのです。そのまま休場となってもおかしくない状態ながら千秋楽も強行出場、本割で負けたものの、優勝決定戦で武蔵丸関を上手投げで撃破。その瞬間、鬼のような形相となり、横綱としての凄みを観衆に見せ付けました。
その戦いぶりに、表彰式で優勝杯を渡した小泉純一郎首相も、思わず感動のコメントを残したのです。

横綱が取組を裁いた!? 勝負を決めた白鵬関の物言い

勝負が際どい結果になった時に、土俵下で審判を務める親方衆が「物言い」を付ける場合があります。しかし、2014年5月の夏場所では、力士が物言いを付ける珍しいハプニングがありました。
12日目の鶴竜関vs豪栄道関の取組において、勝負は豪栄道関が鶴竜関をはたき込みで破ったかのように見えました。しかし、勝負がついた瞬間、土俵下で勝ち残りで待機していた横綱白鵬関が、突然右手を挙げて物言いをつけます。
審判部も集まって協議した結果、何と豪栄道関が鶴竜関のマゲをつかんだとして反則負けになったのです。白鵬関の、勝負に対する常に真摯な姿勢が証明された一番となりました。

おすすめの記事