「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「稀勢の里劇場」の開幕だ!2017年大相撲春場所の総評

2017 5/15 09:56takutaku
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 tokyo-sports.co.jp

毎年3月に大阪で開催される大相撲春場所。 1月には実に19年ぶりに日本人横綱が誕生したこともあり、全国の相撲ファンが大阪に駆けつけました。 今回はそんな2017年春場所の結果から、5つのハイライトをご紹介します。

19年ぶり!日本人横綱として春場所の土俵を踏んだ稀勢の里

稀勢の里は苦労人です。2013・14年と二度の綱取りのチャンスをつかめないまま、長いトンネルの先に見えるかすかな光をめざして黙々と稽古に励んできました。
2016年には「一度も優勝をしないのに年間最多勝」という前代未聞の戦績を残します。これはつまり「運がないだけで、実力は横綱級」ということを意味します。 全国の相撲ファンにとっても、また「横審」の委員たちの目にも、次の2017年1月場所の結果次第で、すぐにでも横綱昇進を認めるべきだという評価が定まりつつありました。
そしてむかえた1月場所。期待通りの活躍を見せた稀勢の里は、日本人横綱として東西4横綱の一角に鎮座することになります。日本人の横綱昇進は、若乃花以来実に19年ぶりのこと。春場所の初日、土俵入りした稀勢の里の雄姿に思わず涙した相撲ファンも大勢いたようです。

怪我をおしての強行出場!横綱初土俵での優勝に男泣きする稀勢の里

意気揚々と大阪に乗り込んだ稀勢の里は、初日から12連続白星と絶好調を維持していました。しかし13日目、横綱・日馬冨士との取組みで左肩をひどく負傷します。14日目の朝、左肩は内出血で腫れあがり、ほとんど力が入らない状態でした。
しかしこの春場所は横綱昇進後の初土俵です。あきらめ切れなかった稀勢の里は、怪我をかえりみず強行出場しますが、横綱・鶴竜にあっさり敗北、勝ち星でも大関・照ノ富士に逆転されてしまいます。
むかえた運命の千秋楽。稀勢の里が優勝するには照ノ富士に2度勝たなければなりません。内出血で黒ずんだ左肩をかばうように登場した稀勢の里の姿に、もはや優勝の望みは絶たれたと誰もが思いました。
しかし、ふたをあけてみれば見事2連勝!表彰式では感極まり男泣きした稀勢の里。そこには初日の土俵入りで見せた凛々しい雄姿はありません。ぼろぼろの状態で賜杯を受け取る姿に、全国の相撲ファンはふたたび涙したのです。

おすすめの記事