「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

稀勢の里の活躍は?注目の2017大相撲名古屋場所5つの見どころ

2017 5/15 09:56takutaku
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Yuka Tokano/shutterstock

2017年7月開催予定の大相撲名古屋場所は必見です。久しぶりに日本人横綱となった稀勢の里の活躍がおおいに期待できるからです。ほかにも角番脱出をめざす豪栄道、復活をはかりたい横綱白鵬など、注目力士が目白押しです。大相撲名古屋場所の見どころを5つご紹介します!

がんばれ日本人力士!大注目の横綱・稀勢の里

2017年1月、念願だった日本人の横綱が19年ぶりに誕生しました。茨城県出身の30歳、稀勢の里です。
格闘家だった父に厳しく育てられた稀勢の里は、中学卒業と同時に鳴戸部屋に入門。天性の運動センスにくわえ兄弟子たちの厳しいしごきも手伝い才能を開花させた稀勢の里は、17歳9ヶ月という史上2番目のスピードで十両昇進をはたします。
「稀な勢いで駆け上がるように」との願いをこめて親方が名づけた「稀勢の里」という四股名でしたが、頂点に立てたのは初土俵から15年も経ってからでした。
そんな苦労人である稀勢の里は、2017年の1月・3月場所と連続優勝。5月場所でも好調を維持できれば3連覇は十分可能です。そうなれば名古屋場所での4連覇が射程に入ります。
4連覇ということは年間6場所の3分の2で優勝すること。それは事実上「敵無し」を意味します。大横綱への道は2017年の名古屋場所にかかっているといえるでしょう。

角番脱出なるか?大関・豪栄道

183センチ160キロと上位力士では小兵ともいえる豪栄道は大阪出身の31歳。今まさに力士として円熟期をむかえています。 右四つで相手のまわしをがっちり取ったときに発揮する抜群のパワーで、大型力士相手にも引けをとらない力相撲を見せてくれます。
しかし、2017年は1月場所で右足に重傷を負い、残念ながら休場。次の3月場所でも開幕からまったく良いところのないまま、6日目に再び足を負傷して休場してしまいました。5月場所は角番として取り組むことになり、これは通算5度目、歴代ワースト8位という不名誉な記録です。
もし5月場所でも傷が癒えないまま不調が続けば、名古屋場所での負け越し、そして大関から関脇への降格という危機が現実になってしまいます。照ノ冨士と2人で守ってきた東西大関の地位ですが、はたして死守できるのか、名古屋場所の豪栄道に注目したいですね。

おすすめの記事