「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年夏!大相撲名古屋場所の番付予想・注目力士をご紹介

2017 5/15 09:56takutaku
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Inked Pixels / Shutterstock.com

大相撲ファンにとって名古屋場所は格別だ。 愛知県体育館を借り切って行われる熱闘は、猛暑にうなる名古屋市民を熱狂させてくれる。 2017年名古屋場所で予想される番付や注目の力士などをご紹介する。

東西4横綱がそろう今年の名古屋場所は必見!

2017年現在、日本の大相撲はある意味恵まれた環境にある。というのも、東と西の正横綱があわせて4人も勢ぞろいしているからだ。
特に日本人横綱である稀勢の里は、2017年1月に綱取りを決めたばかり。朝青龍や白鵬など、横綱が1人だけしかいない「一人横綱」の状態が通算36場所もあったことを思えば、稀勢の里が横綱として土俵にあがる名古屋場所は熱い取組みになること間違いない。
稀勢の里以外の3人はすべてモンゴル人力士ですが、日本人力士が横綱の一角を守ることで、応援する大相撲ファンの声援にもいっそう力が入る。

番付予想1~関脇・琴奨菊

2017年名古屋場所では、まず「番付」に注目してみることをおすすめする。「番付」とは大相撲における力士の順位付けのことで、上は横綱から下は序の口21枚目まで、なんと206種類もの順位付けがある。
2017年名古屋場所の番付予想でまず注目したいのが関脇の琴奨菊だ。琴奨菊は昨年まで数少ない日本人大関として活躍していた。ところが、2017年の1月場所、その時点で角番だった琴奨菊は残念ながら負け越しとなり関脇へ降格となった。続く3月場所(春場所)では、10勝5敗の成績を挙げることが大関復活の条件だったが、惜しくも9勝6敗となり、大関復活とはならなかった。
5月場所で奮起し、良い勝ち方で大きく勝ち越せば大関復活の可能性が見えてくるが、2場所連続で不調が続いていることを考えると、5月場所での復活は難しいかもしれない。そうなれば、がぜん名古屋場所での琴奨菊に注目が集まる。

おすすめの記事