「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲で使われている軍配とは。

2017 5/8 19:55フェデ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲で行司が使っている軍配。この軍配が初めて使われたのはいつなのか。そしてどのような意味合いがあったのだろうか。
以外にもあまり知られていない軍配について解説する。そして軍配にこめられた秘話なども合わせて紹介していく。

大相撲の軍配とは

軍配と聞いてまず思い浮かぶのは、やはり大相撲の軍配だろう。この軍配は、相撲の行司が立合いや勝負の勝ち負けを言い渡す際に使用されている。
では軍配はいつから使われるようになったのだろうか。その昔、武将が戦の際に指揮するためにうちわを使用したのが、その始まりだと言われている。軍配うちわの略語であり、戦の際に方角を見極めて陣形を配置する際にうちわを用いたと言われているのだ。また、実際に軍配を使って指揮する人を軍配者と呼ぶこともある。

軍配のルーツはどこにあるのか

室町時代末期から、合戦で指揮をとる際に棒などを持ち、それを振るといった行動が見られるようになってくる。昔から軍兵の指揮を執る際にはふさに柄をつけた“采配”という道具を使用していたようだが、これが時代とともに変化し、うちわを使用するようになってくる。
では、なぜうちわを使うようになったのだろうか。それは、戦の場合、軍陣をどこに配置するかといった場合に方角をみて決めていたことに由来する。正確に方角を確かめるために、うちわに方位や十二支などを箱押ししたものが用いられるようになったのだ。それだけでなく、武将などの肖像画を描いたものも残されており、うちわに華やかさをつける風習もあったようだ。

おすすめの記事