「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲で活躍するモンゴル出身の力士たち

2017 5/8 19:55茶色野うさぎ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 loca4motion/Shutterstock.com

大相撲界ではモンゴル出身の力士たちが活躍している。今では当たり前の光景となっているが、どんな経緯があったのか、なぜ強いのか不思議に思う方もいるのではないだろうか?
今回はそんな大相撲とモンゴルの関係を掘り下げてみたいと思う。

モンゴル国の成立

相撲の話に入る前にモンゴル国について少し解説する。
現在のモンゴル国はモンゴル語を使用する民族で構成されていて、首都はウランバートル。地理的には北をロシア、東と南は中国、西は新疆ウイグル自治区に接する場所にある。清朝から独立して1924年にモンゴル人民共和国を建国するが、1992年には社会主義を放棄、日本ではモンゴル国という表記をされるようになった。日本とも1990年以降からは交流が盛んになってきて、それに伴いモンゴル出身力士も増えてきた。

モンゴル出身力士の先駆け

モンゴル出身力士が誕生するきっかけとなったのは1991年に大島親方(元・旭國)がモンゴルで行った新弟子募集だった。当時は外国出身力士の入門を控える部屋が多い中、大島親方は思い切った募集に踏み切った。6人の新弟子をスカウトして日本に連れてくるが、そのうち3人は3か月で帰国してしまう。残った3人は頑張って相撲を取り続けて、幕下の旭天山、幕内の旭鷲山、旭天鵬として活躍する。
ただ実際に日本で頑張り続けたのは旭天山のみで、ほかの二人は、モンゴルに逃げ帰ったことがあったようだ。最終的に旭天山の存在を大きく感じた旭鷲山と旭天鵬は、日本に戻り相撲に取り組んだ後、幕内の三役まで昇進している。

おすすめの記事