「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲で時おり聞く言葉「水入り」についてもっと知りたい!

2017 5/8 19:55茶色野うさぎ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲中継を見ていると「水入り」という言葉がたまに聞かれる。なんとなく長い相撲の時にでてくる気はするが、実際のところはどうなのだろうか?
今回は水入りについての解説と過去にどんな取り組みがあったか紹介する。

そもそも水入りとはなんなのか?

水入りというのは十両以上の取り組みでみられるもので、長い相撲になり両者が疲労して膠着状態であると認められた時に一時中断することを言う。
長い相撲は「大相撲」と呼ばれ、両者の技量が拮抗した取り組みになり観客としては非常におもしろいが、力士の体力はかなり消耗する。そのままだとどっちも技が出ず決着がつかないので、行事または審判の判断で中断し、休憩してまわしを締めなおした後同じ態勢で再開する。休憩中に再び力水をつけるので「水入り」、「水が入る」という呼ばれ方をしている。

「水入り」のきまりごと

実際に「水入り」はどのように行われているのだろうか?時間の経過によって起きる場合、取り組みがはじまってから4分以上経過しても決着がつかない状況になると、時計係の審判から審判長へと合図が送られて「水入り」となる。
それ以外にも激しい取り組みとなり、両者が既に疲労していると見てとれる場合は、時間に関係なく行事や審判の判断で「水入り」となることもある。中断するときは行事が両者の背中をたたいて合図を送り、足の位置やまわしの組み方などをしっかり把握してから分ける。また、再開時に組み方がきちんと再現されているかが注目点となる。

おすすめの記事