「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

塩をまくという文化の意味は?大相撲と塩の関係について

2017 5/8 19:55茶色野うさぎ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲では力士たちが土俵に塩をまく。なにか神聖なものを感じさせる行為だが、実際にはどんな意味、歴史があるのだろうか?
今回は大相撲と塩の関係に注目して解説していく。

なぜ塩をまくのか?

日本での塩とは、「けがれを払うもの」「神聖なもの」として信仰されてきた歴史がある。けがれた体を清めるために海水につかるということが行われていたようで、海水からとれる塩にも同じような意味が付加されたと考えられる。
五穀豊穣を占う神事ともつながりの深い大相撲では、「清めの塩」をまいて土俵を清め、神聖な場所にするという意味がある。またケガをしないように神に祈るという意味合いもあり、ケガをした場所に塩をふりかける力士の姿もよく見ることができる。

どんな塩がまかれているのか?

大相撲では、いったいどんな塩がまかれているのだろうか?年3回の東京場所で使う塩は、1987年から毎年「伯方の塩」が使われている。伯方の塩を作っている伯方塩業は大相撲の支援に熱心で、塩の供給だけでなく懸賞金などもたくさん出している。地方場所や巡業で使われる塩は味の素の「瀬戸のほん塩」だったり、その都度仕入れているというのが実際のようだ。
基本的に塩をまけるのは十両以上の力士だけだが、一回の場所で使用される塩の量は600kg以上になり、塩の混ざった土は産業廃棄物として処分されるそうだ。

おすすめの記事