「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の醍醐味を味わえる「稽古見学」の作法まとめ

2017 5/8 19:55takutaku
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Oliver Foerstner/Shutterstock.com

190センチ以上、200キロオーバーの力士たちが、全力でぶつかりあう…そんな光景を目の前で観てみたい方へ!
相撲部屋の朝稽古見学から地方巡業での稽古見学まで、大相撲の稽古を見学するための基本情報の紹介しよう。

稽古なくして力士なし

大相撲は、世界中から相撲のエリート達が集まる厳しい競争の世界だ。力士にとって稽古は何よりも大切な時間で、どんなに優れた素質のある力士でも稽古をろくにせず、勝ち星を重ねることは不可能だ。
本場所や地方巡業で取組みに費やす時間は、日々の稽古に比べればごくわずかだが、力士が自分の技に磨きをかけるのは稽古場以外にはない。また、いくらたくさんご飯を食べても、しっかり稽古をしなければ筋肉もつかず無駄になる。
このように、力士にとっては稽古こそが本業だといっても過言ではないのだ。

稽古はどんなことをするの?

日々の稽古のプログラムは部屋ごとに異なるが、基本運動とそれ以外にわかれる点では同じだ。 基本運動とは「四股」「鉄砲」「股割り」「すり足」の4つで、もっとも重要なのが四股だ。「四股をふむ」という言葉があるように、左右の脚を高く持ち上げて下ろす四股の動作は相撲の基本だ。四股を何万回と繰り返すことで足腰を鍛え上げ、本場所をケガせずに戦いぬくための土台をつくる。
基本運動以外の稽古で重要なのは「ぶつかり稽古」だ。テレビなどでよく見かけるのもこの稽古で、先輩力士にむかって下位の力士が全力でぶつかり、相手を土俵の外まで押し出す動作を繰り返す。押し込みが弱かったりすると、先輩力士に容赦なく投げ飛ばされるので気が抜けない。

おすすめの記事