「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲、豪風関について解説。37歳ながら「まだまだ取れる」

2017 3/22 18:28kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.asahi.com/

大相撲幕内力士の豪風関は最高位関脇で、現在37歳のベテラン力士だ。2017年1月場所では10勝5敗という好成績で、3場所連続で勝ち越した。現役関取では2番目の高齢だが「まだまだ取れる」と意欲的だ。

豪風関は秋田県出身で、中央大学卒業後に角界入り

豪風関は秋田県北秋田市の出身で、本名は成田旭さんだ。尾車部屋に所属し、最高位は西関脇だ。中学時代までは柔道少年だったが、高校から相撲部に入り卒業後は中央大学に進学。4年生の時に全国学生相撲選手権大会で優勝し、幕下付け出しでの入門資格を得たことで尾車部屋から2002年5月場所に初土俵を踏んだ。
初土俵の場所は初日から6戦全勝の快進撃を続けたが、13日目に敗れて幕下優勝と十両昇進がともに成らなかった。しかし、翌7月場所の勝ち越しにより、9月場所に十両に昇進した。

十両は3場所で通過し、2003年3月場所で新入幕

新十両昇進に伴い、それまでの「成田」から四股名を尾車親方の命名により豪風に改めた。四股名には豪快な取り口で豪華な風が吹くように、という意味が込められているそうだ。
豪風関は十両に昇進後3場所連続で勝ち越し、2003年3月場所で待望の幕内入りを果たした。しかし、新入幕3日目、初白星を挙げるものの右膝と右足首を痛めて休場し、翌場所十両に陥落した。それでも9月場所には13勝2敗という成績で十両優勝を飾り、3場所で幕内に復帰した。

おすすめの記事