「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲界で期待される大型力士・輝関の注目ポイントを解説します!

2017 3/22 18:28茶色野うさぎ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://number.bunshun.jp

大相撲では、今後の飛躍が期待される若手力士が続々と登場している。大型力士として期待の高まっている輝(かがやき)関の経歴やエピソードを紹介しよう。

輝(かがやき)関の幼少期

輝関は本名を達綾哉(たつ りょうや)といい、1994年6月1日に3人兄弟の末っ子として石川県七尾市に誕生した。父親はトラック運転手でいたって普通の家庭に育ち、生まれた時もとくに大きくもなかった。
同い年の子供たちと比べて、あきらかに大きくなってきたのは幼稚園くらいからで、制服の一番大きなサイズがキツく感じるようになる。石崎小学校に入学すると1年生から相撲を始め、順調に成長し、中学1年になるころには身長183センチの立派な体格になっていた。

輝関、中学校を卒業して高田川部屋へ

中学生で180センチを越え、体重も100キロオーバーとなっていた輝関は、めきめきと頭角を現していく。中学3年のときに迎えた全国都道府県中学生選手権大会では、個人・団体で優勝を果たして2冠という成績を収めた。
翌年の2010年には中学校卒業のタイミングで高田川部屋に入門、三月場所の新弟子検査を受けて合格し本名の「達」というしこ名で初土俵を踏んでいる。この時点で身長193センチ、145キロという恵まれた体になっており、部屋の三段目力士とも互角の勝負ができるほどの実力を身につけていた。

おすすめの記事