「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲きっての「いい男」勢関の気になる情報まとめ

2017 3/22 18:28takuo-haaan
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sankeibiz.jp

力士の四股名は多種多彩だが、「勢(いきおい)」というたった一文字の四股名を持つ現役力士をご存知だろうか?30歳となり、ベテランの域に足を踏み入れた勢関は、日本人離れした体格に加え、その歌声の見事さやイケメンぶりでも有名な大人気力士だ。

祖母への想いが角界入門の決め手?情に厚い勢関の感動エピソード

勢関は、1986年10月に大阪府で生まれた中堅力士だ。
大相撲力士のほとんどは、小学生時代から子供相撲で優勝の常連の場合が多い。優秀な力士は、中学高校と強豪相撲部に国内留学し、卒業後は相撲の超強豪大学に進学、もしくは相撲部屋からスカウトされるというようなエリートコースをたどることも少なくない。
ところが勢関は、小学生時代こそ全国大会準優勝という成績を残しているものの、なんと中学卒業後は1人暮らしをし、フリーター生活を送っている。好きな相撲の道を選ぶことなく悶々とした日々を送る中、大好きなおばあちゃんが世を去る。その葬儀に、生前から縁のあった先代伊勢ノ海親方が列席したことを伝え聞いた勢関は、力士になる夢をかなえるべく伊勢ノ海部屋の門をたたくのだ。

天性の体格と運動神経で関取となった勢関

勢関の相撲は、日本人離れした体格を活かしたスタイルが特徴だ。身長は194センチもあるのに体重は154キロに留まっている。これは余計な脂肪がなく、全身が筋肉で覆われている証拠だ。
生まれ持った運動神経も抜群で小学生時代には、未経験で参加した相撲大会でいきなり優勝している。その素質を見込まれて地元の相撲道場にスカウトされた勢関は、そこで相撲の基礎を仕込まれる。
伊勢ノ海部屋に入門した勢関は、翌2005年に初土俵を踏み、2006年には早くも幕下に昇進する。しかし、体格と素質だけでは全国から集まる相撲のエリート達に太刀打ちすることはできない。「十両に上がる」つまり「関取」という一人前の力士になるには、2011年9月場所まで待たなければならなかった。

おすすめの記事