「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲、幕内のベテラン力士、隠岐の海について解説

2017 3/22 18:28kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.nikkansports.com

隠岐の海関は八角部屋所属の幕内力士だ。2017年1月場所現在で幕内を40場所務めているベテラン力士で、角界きってのイケメンとして人気がある。

隠岐の島に風習として残る「古典相撲」で相撲に親しむ

隠岐の海関は、四股名から連想されるように島根県隠岐の島の出身だ。隠岐の島には神社などで慶事がある場合、夕方から翌日の昼まで相撲を取り続ける「古典相撲」という風習があり、幼少期の隠岐の海関にとって、相撲はごく身近なスポーツだった。
小学校に入ると相撲クラブにも通い、中学に進んでからも全国大会に出場するなど、経験を積んできた。高校は地元の隠岐水産高校で3年連続インターハイに出場。同年代の豪栄道関や栃煌山関と争い、個人の最高はベスト32だった。

2005年に入門。2010年3月場所で新入幕、千秋楽で勝ち越し

高校卒業後の隠岐の海関は航海士を目指していたが、島を訪れていた八角親方からスカウトされて入門し、2005年1月場所に初土俵を踏んだ。2009年3月場所で十両に昇進するが、この時四股名を本名の「福岡」から隠岐の海に改めた。
新入幕は2010年3月場所だ。この場所の千秋楽で勝ち越しを決め、2011年1月場所には東前頭13枚目の位置で後半まで優勝争いに残った。最終的には11勝4敗だったが自身初の三賞となる敢闘賞を受賞した。

おすすめの記事