「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の人気力士・遠藤関の強さと魅力を解説

2017 3/22 18:28kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sankei.com

大相撲の遠藤関は、横綱大関陣を除けば間違い無く角界で1番の人気力士だ。端正なマスクに加え、ブレの無い正攻法の取り口が特徴で、女性だけではなく幅広い性別・年齢層から人気を集めている。

子どもの頃、朝青龍の相撲に魅了されて本格的に取り組む

遠藤関は石川県穴水町の出身で、追手風部屋所属の幕内力士だ。相撲を始めたのは小学校に上がった頃だったが、小学校5年生の頃に金沢巡業に来ていた朝青龍関の相撲を見て多彩な技に魅了され、本格的に取り組むようになった。
小学校卒業後、地元の能登には相撲部がある中学高校が無かったので、金沢市に転居し金沢学院東高校に進み各大会で優勝した。その後は日大相撲部に進み、1年生から団体戦のレギュラーメンバーとなり、アマ横綱と国体個人優勝のタイトルを獲得した。

大学卒業後角界入り、僅か3場所で新入幕というスピード出世

遠藤関は大学卒業とともに角界入りし、幕下付出しからスタートして新十両では14勝1敗で優勝を飾る。2013年9月場所に史上最速の3場所で新入幕。まだ大銀杏を結えない「ざんばら髪」で土俵に上がり女性ファンの人気を集めた。
左足首負傷などのケガから休場を繰り返し、2016年月場所で十両に転落するも、同年5月場所で幕内に復帰。9月場所では13勝2敗という素晴らしい成績で技能賞を受賞し、人気に実力が伴ってきたとの評価を受けた。

おすすめの記事