「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の「大器」との評判高まる御嶽海関を解説

2017 3/22 18:28kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sankei.com

学生横綱の称号を持って角界入りし、僅か2場所で十両に昇進。幕内に上がってからも確実に勝ち星を重ね、横綱や大関とも互角の相撲を取る力を付けており、大相撲1月場所で大活躍した力士の一人が御嶽海関だ。

小学1年生で相撲に出会い、負けず嫌いの性格で頭角を現す

現在24歳の御嶽海関の出身は長野県木曽郡で、本名は大道久司さんという。小学校1年生の時に村の相撲大会で自分より小さい相手に負けたことで、負けず嫌いの性格に火が付き地元の少年相撲クラブに入ったことが、相撲を始めるきっかけになった出来事だ。
小中高時代に全国大会出場し上位の成績を収めるなどの実績を積み、大学は東洋大学法学部に進んだ。相撲部に入ると直ぐに頭角を現し、突き押し相撲で相手を一気に土俵下に押し込む型を身に付けた。

アマと学生のダブルタイトルを獲得して出羽海部屋に入門

御嶽海関は大学時代に個人タイトルを15も獲得しており、4年生時には学生横綱とアマ横綱の2冠に輝き、大相撲の幕下付け出しでのデビュー資格を得た。当時は角界入りの意思は無く、卒業後に和歌山県庁に就職することが内定していたため、アマで相撲を続ける予定だった。
しかし、御嶽海関の将来性に注目していた出羽海親方から「部屋の再興に力を貸してほしい」と熱心にスカウトされ、入門を決意した。出羽海部屋を継承したばかりの親方(元・小城ノ花)にとって初めての直弟子になった。

おすすめの記事