「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

遠藤関と同部屋の大相撲、大翔丸関の将来性などを解説

2017 3/22 18:28kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.asahi.com

大翔丸関は学生相撲の元アマ横綱で、卒業後高校、大学の先輩である遠藤関が所属している追手風部屋に入門。幕内昇進後にやや足踏み状態が続いているが、学生時代の実績や素質から見て、まだまだ伸びると期待が集まっている。

出身は大阪。相撲は小学生から始めわんぱく相撲で横綱に

大翔丸関(本名・川端翔伍さん)は大阪府大阪市の出身で、小学校時代から大東市相撲連盟で稽古を積み、6年生になると「わんぱく相撲」で横綱になった。小学校を卒業すると地元から離れ、朝青龍や琴奨菊も在籍していた相撲の名門・明徳義塾中学校に進んだ。3年生の時には、全国都道府県中学生相撲選手権で個人優勝を飾っている。
高校はスポーツ教育に重点を置いている金沢学院東高等学校に進み、相撲部に入部。1学年上に遠藤関がおり、川端少年は1年生から団体戦レギュラーとして活躍した。

相撲の名門高校から大学へ、相撲エリートの道を邁進

大翔丸関は高校を卒業すると日本大学経済学部へ進学。名門大学の相撲部で2年生の時に膝を負傷し治療に時間を費やしたが、4年生では副主将に就任し、全日本相撲選手権大会で堂々の優勝を飾りアマ日本1の称号を得た。これにより角界に入る場合、幕下15枚目付け出しからスタートできる資格を得たのだ。
そして2014年3月に大学の先輩として、1年早く角界入りしていた遠藤関と同じ追手風部屋に入門した。追手風部屋にとっては、2年連続でアマ横綱を迎え入れることになった。

おすすめの記事