「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲力士・琴勇輝の生い立ちや成績を解説

2017 3/22 18:27まるちゃん
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sanspo.com

大相撲は横綱と大関、関脇に小結といった力士たちが見せる、迫力のある取組に人気が集まる。 しかし、それらを除いた地位にある前頭の取組も熾烈であり、三役を狙った戦いが繰り広げられている。 前頭六枚目の力士・琴勇輝にスポットを当て、生い立ちや成績などを紹介していく。

大相撲力士の琴勇輝の生い立ちとは

1991年4月2日、香川県丸亀市で生まれた琴勇輝。小さな頃から相撲が大好きだった少年は垂水小学校に通う4年生の時、香川県善通寺市にある“香川相撲クラブ”の門をたたき入部した。
しかし、中学へと進学する際、近辺には相撲部で有名な学校がなかったため、小豆島高校相撲部の田中栄一郎監督を頼って小豆島町(当時は内海町)へと移り住む。そこで田中栄一郎監督の勧めで海町立内海中学校へと入学。3年生では生徒会長も務めるなど、相撲やスポーツだけではなく学業も優秀な生徒として成長していく。

小豆島で過ごした琴勇輝の高校時代

やがて、相撲部のある香川県立小豆島高等学校に進学した琴勇輝。1年生の夏に開催された“四国四県対抗相撲選手権大会”では、少年の部で個人戦に出場し、香川県出身者として初の優勝を飾る。そして、インターハイでは団体でベスト16となり、全国高体連の海外遠征のメンバーにも選出された。
続く国体でも8強入りを果たし、香川県勢で初の快挙となった。そんな数多くの活躍もあり、さまざまな大相撲部屋から誘いを受ける。そして、九州場所で佐渡ヶ嶽部屋を見学して力士となることを決意、小豆島高等学校を中退して佐渡ヶ嶽部屋に入門した。

おすすめの記事