「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新たな大相撲の外国人力士・若一郎を徹底解説

2017 3/22 18:27まるちゃん
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sanspo.com

4人の横綱が誕生した2017年。新たな横綱・稀勢の里以外の3人は、すべて外国人の横綱力士だ。 過去にも小錦や曙など数多くの外国人力士が活躍し、それもまた大相撲の魅力のひとつだ。 そこで、アメリカ育ちの力士として活躍が期待されている若一郎の生い立ちや魅力を解説していく。

アメリカ育ちの力士若一郎の生い立ちとは

1998年7月7日、長崎県長崎市に生まれた若一郎。アメリカ人の父親と日本人の母親の血を受け継ぐハーフで、アメリカ合衆国のテキサス州ヒューストンで育った。
5人兄弟の長男として生まれた若一郎の本名は「ヤング一郎」だ。学校は、アメリカのQuest Early College High Schoolと、Lone Star Collegeを卒業しているが、現在は日本国籍を持っている日本人となっている。

スポーツが大好きな少年だった若一郎

アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで育った若一郎。 アメリカのQuest Early College High SchoolとLone Star Collegeに通っていた学生時代には、野球を5年、そしてアメリカンフットボールを5年間続けた。
そのため、好きなスポーツ選手にアメリカンフットボールのヒューストン・テキサンズに所属するJ. J・ワット選手を挙げている。しかし、 日本人だった母の影響もあり、日本の大相撲に興味を持つことになった。

おすすめの記事