「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の注目力士・宇良を徹底解説

2017 3/22 18:27まるちゃん
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sankei.com

2017年の初場所で横綱・稀勢の里が誕生したことにより、がぜん盛り上がりを見せている大相撲。 幕内の勝負も人気だが、幕内を狙う十両の戦いも熾烈で魅力的。 そんな十両の力士・宇良の生い立ちから成績などを徹底解説していく。

十両力士宇良の生い立ちとは

1992年6月22日に大阪府寝屋川市に生まれた宇良。本名は宇良和輝で、名字をしこ名としている。十両三枚目となった2017年の時点でも、身長が173.0cmで体重128.0kgと体格に恵まれた力士と比べると小柄な体格の力士だ。
そんな宇良が相撲を始めたのは、4歳のときだった。大阪の寝屋川相撲連盟に通っており、元幕下立花の菊池弘至さんの指導のもと相撲を学んでいく。 そして、師匠の

「強く当たれ。前に出ろ」

出典: 日刊スポーツ

という教えを守り、日々努力を重ねていく。

力をつけていった宇良の小学校時代

元幕下・立花の菊池弘至さんの指導のもと、ぶつかり稽古を重ねていく。まだまだ子どもで、体格も小さい宇良にとっては、厳しい稽古だった。しかし、周囲の心配をよそに宇良はまったく怯まず、そして臆することなく稽古にぶつかっていく。 当時の様子を菊池弘至さんは、

「土俵にたたきつけても(宇良)和輝は泣きもせずバンバン立ってきた。舞の海さんには失礼だけど、和輝は舞の海2世じゃない。大きい相手にもバチンと当たっていけるから」

出典: 日刊スポーツ

と語り、力士としての“押す力”を秘めていることを感じる。 しかし、小学校6年生でも身長は139cm、体重は42kgと小柄で、同学年の相手になかなか勝てなかった。

おすすめの記事