「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲夏場所の歴代優勝力士をご紹介

2017 3/22 18:27まるちゃん
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

日本人横綱・稀勢の里が誕生したことにより、がぜん盛り上がりを見せている大相撲。 そこで、相撲ファンの記憶に残る、毎年五月に大相撲の聖地である両国国技館で開催されている夏場所の歴代優勝力士を紹介していく。

さまざまな記録を持っている横綱・白鵬

モンゴル・ウランバートル出身の力士である横綱・白鵬。長く日本の大相撲界をけん引してきたと言っても過言ではない力士で、数多くの記録を打ち立てている。たとえば、横綱の勝星は歴代1位、歴代2位となる63勝の連勝記録も記憶に新しく、40勝以上の連勝記録を2回も達成しているのは横綱白鵬ただ一人だ。
夏場所では、2006年・2007年・2010年・2011年・2013年・2014年・2015年と7回も優勝している。2016年にはケガで秋場所を10年ぶりに全休することもあったが、記録を打ち立てる横綱として2017年も期待されている。

昭和の名横綱として名高い力士千代の富士

2016年7月に61歳の若さで亡くなった九重親方。現役時代には昭和の名横綱として名高く、国民から愛された力士として誰もが知る横綱・千代の富士。夏場所では4回の優勝を飾っており、生涯優勝回数記録は31回、通算成績は1045勝437敗159休で勝率は7割を超えている。
そして記録より印象的な千代の富士の特徴といえばその肉体美。120kg台と小柄ながら“筋肉のよろい”を身にまとっていると称されるほどで、小さな大横綱として活躍し多くの相撲ファンから愛された。

おすすめの記事