「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲界で旋風を巻き起こす小兵力士たちをご紹介!

2017 3/8 20:01茶色野うさぎ
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

個性豊かな力士が登場し観客をわかせる大相撲。そんな大相撲の中で小さな体で戦う小兵力士たちの存在は欠かせないものになっている。懐かしの小兵力士から期待の現役力士まで幅広く紹介する。

小兵力士の魅力とは?

小兵力士というのは大柄の力士と比較して、身長が低かったり、体重が少なくて小さい力士のことを言う。身長はがんばってものびないし、体重もなかなか増えない体質の人もいるため、相撲の歴史の中で小兵力士は少なくない。しかし幕内の上位で戦える小兵力士というのはそれほど多くないのだ。いまや大横綱となった白鵬関は192センチ、155キロという立派な体格で、心技体そろった強さを見せてくれる。
一方で小兵力士たちは相撲にかける情熱や闘争本能、戦略や技術で大きな体の力士に立ち向かっていく。足りない体の分、心と技でカバーしようとする小兵力士たちの奮闘は見ている観客たちを熱狂させるのだ。

つっぱりイケメン小兵力士「寺尾」

昭和から平成にかけての大相撲史のなかで強烈な印象を残した小兵力士が寺尾関(現在は年寄・錣山)だ。高い鼻とぱっちりした目の端正なマスクでいまだにイケメン力士として話題に上ることが多い名力士だ。身長は185センチとそこそこあるが、体重がなかなか増えない体質で苦労したようだ。最高体重は116キロ(ちなみに千代の富士関は126キロ)と小兵ながら、回転の速いつっぱりと敏捷性で関脇まで番付を上げた。
甘いマスクと闘争心むき出しで戦う姿は人気が高く、当時は「寺尾のどすこい大相撲」というファミコンゲームができるほどだった。

おすすめの記事