「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の謎のひとつ、「一門」とはなにか?徹底まとめ

2017 3/8 20:01takuo-haaan
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Inked Pixels / Shutterstock.com

「出羽海」「高砂」「時津風」といった言葉は誰でも耳にしたことがあるはず。力士は必ず相撲部屋に所属することになるが、各部屋は師弟関係の流れによって「一門」という特定のグループに分類できる。一門制度についてポイントをまとめた。

大相撲の歴史を語るには欠かせない制度「一門」

相撲はもともと非常に閉鎖的な文化だった。「一門」はその名残だ。江戸時代まで、相撲は特定の部屋に集まる力士だけで巡業を行っていた。まるで歌舞伎のように、音羽屋、中村屋といった一つの屋号のもとに役者やスタッフが集まって、演目を披露する。それに似た慣習が相撲界にもあったわけだ。
しかし、明治時代に入ると、次第に他の一門との交流が進み、力士の交流戦も増えていく。だが、現在のように部屋別総当り制の巡業に改革されたのは、なんと昭和40年のことだ。現在の大相撲の興行は、たかだか半世紀ほどの歴史しかない。相撲そのものは千年を超える歴史を持つことを考えると、一門制度が相撲という文化に与えた影響力は非常に大きいといえる。

相撲協会運営

一門制度が意味を失ったかというとそうではない。大きな役割は、日本相撲協会の運営だ。
協会の理事の大半は「年寄り」と呼ばれる元力士の親方で占められている。協会の事業は国技館の運営、相撲教習所や相撲博物館の経営など多岐に渡るが、もっとも重要な事業は本場所と地方巡業の興行だ。興行には力士だけでなく、行事や床山などの裏方スタッフの活動もすべて含まれる。したがって、親方達は、日本相撲協会を運営する実権を握っているわけだ。
親方達は当然自分が所属する一門の代表として理事会に望む。国会議員が地元からの声を吸い上げて国政に反映させるべく動くのと同じように、親方達にも一門の権益を守ろうとする心理が働く。現代の大相撲は、一門間の力の緊張によってその微妙なバランスを保っているといえるだろう。

おすすめの記事