「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲期待のホープ、阿炎の現在と将来性などを解説

2017 3/8 20:01kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://mainichi.jp/

将来の角界を担うホープの一人として阿炎政虎(あびまさとら)さんに期待が寄せられている。現在は東幕下24枚目だが、しばらく遠ざかっていた十両への復帰も近いとの声が高まっている。

阿炎は小学校3年生で相撲を始め、高校相撲でも活躍

阿炎さん(以下敬称略)は埼玉県越谷市出身で本名は堀切洸助。高校卒業後、錣山部屋に入門し2013年5月場所に初土俵を踏んだ。身長187センチ、体重128キロで、力士にしてはスラッとした体型なのが特徴だ。
阿炎こと堀切少年が相撲を始めたのは小学校3年生頃で、地元に近い草加市の相撲練修会に入り少年相撲で力を付けた。その後、中学に入り全国中学校相撲選手権に出場して3位に入賞。高校は相撲部がある千葉県流山高校に進んだ。

2013年、錣山部屋に入門し初土俵。2年で十両昇進を果たす

高校ではインターハイでベスト16まで進んだ成績があり、3年生で参加した選抜高校相撲十和田大会では準決勝で現在幕内の逸ノ城に敗れたものの3位に入賞した。
2013年、卒業後に高校の監督が親しくしている錣山部屋に入門。同年の5月場所に初土俵を踏み、1番出世の前相撲から順調に勝ち星を重ね、三段目、序二段で優勝を遂げる。2015年1月場所では幕下2枚目で5勝2敗の好成績を挙げて3月場所での十両昇進が決まり、晴れて取となった。

おすすめの記事