「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲期待のホープ、阿炎の現在と将来性などを解説

2017 3/8 20:01kinsky
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://mainichi.jp/

将来の角界を担うホープの一人として阿炎政虎(あびまさとら)さんに期待が寄せられている。現在は東幕下24枚目だが、しばらく遠ざかっていた十両への復帰も近いとの声が高まっている。

阿炎は小学校3年生で相撲を始め、高校相撲でも活躍

阿炎さん(以下敬称略)は埼玉県越谷市出身で本名は堀切洸助。高校卒業後、錣山部屋に入門し2013年5月場所に初土俵を踏んだ。身長187センチ、体重128キロで、力士にしてはスラッとした体型なのが特徴だ。
阿炎こと堀切少年が相撲を始めたのは小学校3年生頃で、地元に近い草加市の相撲練修会に入り少年相撲で力を付けた。その後、中学に入り全国中学校相撲選手権に出場して3位に入賞。高校は相撲部がある千葉県流山高校に進んだ。

2013年、錣山部屋に入門し初土俵。2年で十両昇進を果たす

高校ではインターハイでベスト16まで進んだ成績があり、3年生で参加した選抜高校相撲十和田大会では準決勝で現在幕内の逸ノ城に敗れたものの3位に入賞した。
2013年、卒業後に高校の監督が親しくしている錣山部屋に入門。同年の5月場所に初土俵を踏み、1番出世の前相撲から順調に勝ち星を重ね、三段目、序二段で優勝を遂げる。2015年1月場所では幕下2枚目で5勝2敗の好成績を挙げて3月場所での十両昇進が決まり、晴れて取となった。

四股名の「阿炎」は「阿修羅のように燃えて戦う」が由縁

阿炎は、それまで本名の堀切という四股名で土俵に上がっていたが、3月場所での十両昇進を機に「阿炎」(あび)と四股名を改めた。師匠の錣山親方(元脇・寺尾)とともに臨んだ十両昇進の記者会見で、新四股名について「阿修羅のように強く燃えるように戦えるように」という意味が込められているとの説明があった。
また、錣山親方の小さい頃の愛称である「アッ、ベイビー」に音が似ていることも理由になったそうだ。また、親方は「相撲度胸と相撲勘は天性のものがある」と期待を寄せていた。

幕下陥落後、ようやく2場所連続勝ち越しで十両復帰のチャンスが

阿炎は2015年3月場所で待望の十両入りを果たし、十両昇進2場所目の5月場所で勝ち越したが、十両4場所目の2015年9月場所で5勝10敗と大きく負け越し幕下に陥落した。
その後1年余り幕下で勝ち越しと負け越しを繰り返し、幕下の中位あたりを前後していた。しかし、2016年11月場所で4勝3敗、続く2017年の1月場所で5勝2敗と、久々に2場所連続で勝ち越しを決めた。次の3月場所では十両復帰を狙える幕下上位に番付が上がるものと見られ、周囲からの期待が高まっている。

長身と長い手足が特徴。女性ファンからの熱い視線も

阿炎は入門後僅か2年で十両に昇進したものの、現在は幕下に陥落して復活のチャンスを狙っている。また、阿炎は長身にすらりと伸びた手足から女性ファンに熱視線が送られている。離れた距離から長い腕を使って相手を突き刺すように突っ張るのが取り口だ。
取り口も女性に人気があったことでも親方の元寺尾によく似ており、早くから石浦、宇良らとともに「次世代のホープ」と呼ばれていた。今のところ2人には先を越されている形だが、阿炎が幕内でライバルとぶつかる日も近いだろう。

まとめ

現在幕下ながら、将来性十分で女性ファンも多い力士・阿炎について紹介した。所属している錣山部屋の親方である元関脇の寺尾に取り口も女性ファンも多いことでよく似ており、寺尾2世として幕内で活躍することに期待が寄せられている。

関連記事

おすすめの記事