「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲五月場所の見どころをご紹介

2017 3/8 20:01まるちゃん
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz?/?Shutterstock, Inc.

初場所で稀勢の里が念願だった横綱に昇進したことにより、4人の横綱の戦いが繰り広げられる豪華番付となった五月場所。 両国国技館で開催される夏場所の見どころを紹介していく。

五月場所の見どころのひとつ両国国技館

五月場所が開催される両国国技館は、1月の初場所と、9月の秋場所とあわせて本場所が3回も開催されている。 まずは五月場所の見どころのひとつである、両国国技館を紹介していく。音楽イベントやミュージシャンのライブなども行われているが、相撲ファンにとって両国国技館はまさに聖地。チケットを取ることも困難なほど人気の本場所であるため、場内は満員御礼が毎日続いている。
相撲ファンであれば一度は訪れたい両国国技館だが、たとえチケットが取れなくても、本場所がないシーズンは売店や館内見物に訪れるのもオススメ。また近くには相撲博物館があって、相撲ファンには見どころたっぷりとなっている。

大一番が生まれる五月場所とは

10,000人以上の収容数を誇る両国国技館で開催される五月場所。過去には小柄ながらも最強と称された横綱・千代の富士と、当時は若手ナンバーワンだった前頭筆頭・貴乃花の名勝負が多くのファンの記憶に残っている。世に言う昭和の名横綱と平成の名横綱の大一番も五月場所だった。
そんなことから、五月場所は大一番やドラマが数多く生まれる場所でもある。また、五月場所は1年の中でもほぼ中間にあたり、本場所の折り返し地点。後半戦に向けて力士たちがどんな戦いを見せるのか、見どころがたくさんある。

おすすめの記事