「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

潔さに魅せられる!「女子相撲」の魅力

2017 3/3 09:51
女子 相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stanislaw Tokarski/Shutterstock.com

密かに人気を集めているアマチュア「女子相撲」。 大きな身体のプロの力士が戦う大相撲とはまた雰囲気が異なり、アマチュアの女子相撲は体重別で試合が行われます。 凛とした雰囲気とその戦いぶりがとても格好良い女子相撲の魅力を紹介したいと思います。

女子相撲とは?

1996年に生まれた新しいスポーツ、女子選手が行うアマチュア相撲。発足当初は「新相撲」と呼ばれていました。ヨーロッパでの競技人口も多く、1999年にはドイツで女子相撲初の国際大会が開催されました。
相撲というとプロの大相撲のイメージが大きく、体格の良い選手が戦うスポーツと思われる方も多いかもしれませんが、女子相撲は体重別で試合が行われており、小さな身体で力強く戦う選手も多く見られます。 日本の国技でもある「相撲」。アマチュア相撲を取り仕切る日本相撲連盟は、オリンピックの正式競技採用を目標に掲げています。

女子相撲のルール

女子相撲のルールは、男子のアマチュア相撲とほぼ同じで、両者が両手をつき静止、その後の審判の掛け声で試合が始まります。
女子相撲の特別なルールは、「ぶちかまし」や「顔を狙った張り手」などが禁止されており、ユニフォームはレオタードとまわし(グラップリングパンツ)を着用することです。ちなみに、アマチュア相撲では男子も肩より外から振りかぶる張り手は禁止されています。 また、試合開始後、3分経過しても勝負がつかない場合は、一度中止して「取り直し」をします。

おすすめの記事