「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の聖地を知り、その歴史を紐解いてみよう。

2017 2/16 19:10
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

日本の国技として広く親しまれている大相撲には、古来から長きにわたって続いてきた歴史や伝統がある。 現在のような興行に至るまでには、行われる場所の変遷もあったのだ。 ここでは大相撲の聖地と言われている場所を取り上げて、その理由や歴史を紐解いていく。

本場所の半分が開催される「国技館」

大相撲の聖地としてまず挙げられるのが国技館だ。 大相撲の興行には、大きく分けて本場所と地方巡業がある。本場所は力士の番付を左右する大相撲の公式戦で、1年間に6回開催されている。その中で、1月の初場所、5月の夏場所、9月の秋場所と、半数に及ぶ3回もの本場所が行われているのが「国技館」なのだ。
国技館は東京都墨田区にあり、通称として「両国国技館」と呼ばれている。ボクシングなど格闘技の試合や、スポーツ以外のイベントにも使用されているが、大相撲の本場所が開催されていることで認知度が高い施設だ。

国技館の歴史を遡る。「回向院」とは?

1657年、江戸は明暦の大火によってその大半を焼失した。振袖火事、丸山火事とも呼ばれる大火災で、失われた命は10万人とも伝えられている。被害者の多くは身元が分からず、当時の将軍・徳川家綱の命により、手厚く葬られたのだ。この時設けられた「万人塚」と御堂が回向院の始まりとなっている。
相撲はこの頃、寺社の建築や修繕などの募金を目的とした「勧進相撲」が行われていた。当初はそれぞれの寺社の境内で行われていたが、1833年以降は回向院が定場所となった。相撲人気が高まり、勧進大相撲という言葉が生まれたのもこの頃と言われている。「回向院相撲」は76年間続き、日本相撲史に名を残した。

おすすめの記事