「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

相撲に関係する仕事にはどんなものがあるの?

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

相撲は、日本の伝統文化として1500年以上もの歴史を持つと言われています。 力士をはじめ、さまざまな人々が長年続く相撲に関わり支えているのです。 今回は、大相撲に関する仕事には一体どんなものがあるのか、調べてみました。

大相撲の力士の仕事とは?

力士の一番の仕事は、年に6回開催される本場所で相撲をとることです。また、本場所以外でも、地方や海外での巡業があれば参加しています。それ以外の日は、だいたい相撲部屋で過ごしており、日々稽古を行って力士として力を磨くのも大切な仕事です。相撲部屋では地位の低い力士はちゃんこ当番、掃除当番などの仕事もこなしています。
十両以上の力士の給料は月給制で、褒賞金との2本立てで支給されており、幕下以下は給料はなく場所ごとに手当がついています。ほかにも支援者からのご祝儀なども入り、番付の階級により収入や応援してくれるお客さまが増えるので、出世するほどやりがいを感じることができます。

大相撲の行司の仕事とは?

行司の仕事は、土俵上の相撲競技の進行や勝負の判定を下すほか、取組の決まり手や、力士や懸賞の紹介を場内放送します。また、土俵入りの誘導役や土俵祭の司祭も務めます。顔触れ言上を書いて読み上げるのも行司で、力士の番付、取組の決まり手や勝負結果も書きます。地方巡業では渉外役を務めています。
行司はそれぞれが相撲部屋に所属しているので、番付発送や後援会への連絡などの事務的な仕事も行っています。このように、行司は土俵内でも外でもさまざまな仕事をこなし、大相撲を支えているのです。

おすすめの記事