「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ついに和製横綱誕生 初優勝を手にした稀勢の里って、どんな人

2017 1/23 14:49きょういち
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

14年不在の和製横綱

 モンゴル勢に席巻される大相撲。日本人横綱が最後に誕生したのは、三代目若乃花が第66代横綱になった1998年です。日本人横綱が最後に土俵で相撲をとったのは、第65代貴乃花が引退した2003年1月になります。

 14年も不在となっている和製横綱。その空白期間を埋める力士がようやく現れました。大関稀勢の里です。関取になる前から大器と言われ、関取になったのは貴花田(後の貴乃花)の最年少記録に次ぐ17歳9カ月。新入幕も貴花田の最年少記録に次ぐ18歳3カ月です。

 日本人から横綱が生まれるなら、この男しかないと言われながら、30歳でようやくその地位に上がりそうです。これまでことごとく期待を裏切りながら、やっと初優勝した稀勢の里とはどんな力士なのでしょうか。

中学は野球少年、今はアメフット好き

 小学校で野球を始め、中学ではエースで4番。その身体能力の高さから、地元茨城県の強豪高校からの誘いもあったそうですが、当時の鳴戸親方(元横綱隆の里)の熱心な勧誘もあり、角界入りを早くから決めていたと言うことです。

 そんな稀勢の里ですが、今はアメリカンフットボールの観戦が大好きで、テレビのゲスト解説を務めたこともあります。

 大学アメフット界の雄、関西学院大学の鳥内秀晃監督とも親交があり、大阪で行われる春場所では、毎年のように鳥内監督が観戦に訪れています。

足がでかいんだ

 鳴戸親方が亡くなられる前に、「稀勢の里のどこがよくてスカウトしたんですか」と聞いたことがあります。返ってきた答えは

 「足がでかいんだよ」

 稀勢の里は中学生の時にすでに31センチも足の大きさがあり、鳴戸親方よりも大きかったとのこと。実際に見てみると、横幅も広くて、大きな楓の葉のようです。

 この大きな足で何がいいのかと言うと、力士は前に出るとき、力を入れるとき、下半身から力を出します。下半身から力を生むには、足がしっかりと土俵をとらえていなければなりません。いわゆる「足で土をかむ」ということです。土をかむ足が大きければ、それだけ安定し、力が出やすくなります。

 兄弟子である西岩親方(元関脇若の里)が現役の時に「稀勢の里がいつごろから強くなると思いましたか」と聞いたところ、なかなか答えが返ってこなかったのですが、

 「足は大きかったなあ」

 と振り返っていました。

記者泣かせの小声

 188センチ、170キロを越える巨漢の稀勢の里ですが、困ったことに支度部屋でのインタビューの声が猛烈に小さいんです。関取で一番小さいかもしれません。

 最前列の真正面にいても、なかなか聞き取れません。さらに口数が少ないから、大変です。テレビを見ると、まだ聞こえますが、それは特別なマイクで拾っているから。人間の耳で聞き取るのは、至難の業です。

 ちなみに口数が少ないのは、亡くなった鳴戸親方の教え。旧鳴戸部屋の力士は、支度部屋でマスコミの前では多くを語りません。それが力士の美学なのです。ただ、普段はその限りではなく、朝稽古の後などは、結構気さくに話してくれます。その時は小声ではありません。

ここ一番の弱さ

 2016年は史上初めて優勝なしで、年間最多勝を獲得しました。それはある意味、稀勢の里の勝負弱さを物語っている記録かもしれません。

 白鵬の連勝を63で止めたかと思えば、ころっと平幕に負けてしまう。序盤をうまく乗り切り、優勝の可能性が出てきたら、大事なところで星を落とす。稀勢の里にはいつも「ここ一番で弱い」というレッテルがついて回ります。

 それを強く印象づけたのは、2012年の夏場所。11日目を終えて10勝1敗となり、優勝争いでは2差をつけたにも関わらず、終わってみれば11勝4敗で賜杯を逃してしまいました。

 優勝力士の写真を思い返していただければ分かるのですが、優勝力士は大きな鯛を掲げています。この鯛、その日に用意できるはずもなく、優勝の可能性が出てくると、発注しなければなりません。

 優勝を逃した2012年夏場所、稀勢の里の初優勝のために鯛は発注され、届いていました。しかし、優勝できなかったため、鯛はさばかれて出てきました。その鯛を見て、稀勢の里は涙したと言います。

高速まばたきが出ると要注意

 なぜ、ここ一番で弱いのか。本人に聞けるはずもないのですが、一般的には精神力が弱いと言われています。

 それを示すのが、彼のまばたきです。

 大事な一番のとき、プレシャーがかかるとき、負けて記者の質問を受けるとき、稀勢の里のまばたきが異常に速くなります。

 この高速まばたきが出ているときは緊張しているのだろう、と記者の中では言われています。

 土俵上を見ていただいても、時折、この高速まばたきが出ている時があります。そんな時は要注意。横綱になっても、敗れる前兆かもしれません。

努力で勝つ

 弱いことばかり書きましたが、努力は天下一品です。旧鳴戸部屋時代は、角界随一の猛稽古で知られていました。今もそのスタイルは変わりません。そして、その思いは入門前からあったようです。中学の卒業文集に、稀勢の里は次のように書いています。

 「天才は生まれつきです。もうなれません。努力です。努力で天才に勝ちます」

 彼の思いは、間違っていませんでした。

関連記事

おすすめの記事