「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ついに和製横綱誕生 初優勝を手にした稀勢の里って、どんな人

2017 1/23 14:49きょういち
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

14年不在の和製横綱

 モンゴル勢に席巻される大相撲。日本人横綱が最後に誕生したのは、三代目若乃花が第66代横綱になった1998年です。日本人横綱が最後に土俵で相撲をとったのは、第65代貴乃花が引退した2003年1月になります。

 14年も不在となっている和製横綱。その空白期間を埋める力士がようやく現れました。大関稀勢の里です。関取になる前から大器と言われ、関取になったのは貴花田(後の貴乃花)の最年少記録に次ぐ17歳9カ月。新入幕も貴花田の最年少記録に次ぐ18歳3カ月です。

 日本人から横綱が生まれるなら、この男しかないと言われながら、30歳でようやくその地位に上がりそうです。これまでことごとく期待を裏切りながら、やっと初優勝した稀勢の里とはどんな力士なのでしょうか。

中学は野球少年、今はアメフット好き

 小学校で野球を始め、中学ではエースで4番。その身体能力の高さから、地元茨城県の強豪高校からの誘いもあったそうですが、当時の鳴戸親方(元横綱隆の里)の熱心な勧誘もあり、角界入りを早くから決めていたと言うことです。

 そんな稀勢の里ですが、今はアメリカンフットボールの観戦が大好きで、テレビのゲスト解説を務めたこともあります。

 大学アメフット界の雄、関西学院大学の鳥内秀晃監督とも親交があり、大阪で行われる春場所では、毎年のように鳥内監督が観戦に訪れています。

おすすめの記事