「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の珍しい決まり手5つ

2016 11/15 19:42
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

大相撲の決まり手は、全部で82手ある。「押し出し」や「上手投げ」などはよく聞く決まり手だが、82手の中にはあまり耳にしたことがないものも存在する。そこで今回は、大相撲の珍しい決まり手を5つ紹介する。これを知ってあなたも相撲通になろう。

大相撲の珍しい決まり手:一本背負い

柔道ではポピュラーな技の名前だが、相撲の決まり手にも「一本背負い」が存在する。柔道のそれと技自体は同じで、相手の片腕を掴み体ごと肩に担いで前方に投げ倒す決まり手だ。
相撲では力士の体重が重く肩に担ぐことさえ困難なので、めったに決まることはない。また、技に失敗した場合は相手に背を向けることになるので、そもそも技を仕掛けにいく力士がほとんどいない。それほど珍しい決まり手だが、過去に数回この決まり手で勝負が決まったことがあるようだ。

大相撲の珍しい決まり手:二枚蹴り

「二枚蹴り」は掛け手のひとつとされる決まり手で、まわしを掴んで相手の体を浮かせて吊り上げ、そこから自分の足の裏で相手の足の側面を蹴って横に倒す技だ。「二枚」とは、膝から足首までの外側のことで、この部分を蹴ることから「二枚蹴り」と呼ばれている。
相手を吊り上げた場合、そのまま投げると決まり手が「下手投げ」になることが多く得意とする力士もほとんどいないため、現在はあまり見られない珍しい決まり手になっている。

おすすめの記事