「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

将来の横綱あり!?今注目の高校相撲強豪校はここ!

2016 11/15 10:42
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by kai keisuke/Shutterstock.com

相撲といえば大相撲を連想するが、高校相撲にも注目の選手が沢山いる。高校相撲の大きな大会情報や強豪校、卒業生などを紹介する。

大きな大会は6つ

高校相撲には大きな大会が6つあり

  • 2月の全国選抜高校相撲弘前大会
  • 5月の高校相撲金沢大会
  • 7月の全国高校相撲選手権大会
  • 8月の選抜高校相撲十和田大会
  • 9月の選抜高校相撲宇佐大会
  • 10月の国民体育大会相撲競技会


となっている。
6つの大会すべてで個人戦・団体戦が行われる。このうち7月に行われる全国高校相撲選手権大会というのが、いわゆるインターハイと呼ばれる大会だ。個人戦で優勝した力士には「高校横綱」の称号が与えられる。
その大会が終われば3年生は引退するのかというとそうでもなく、その後8月の選抜十和田大会・9月の選抜宇佐大会・そして10月の国民体育大会(国体)まで参加する生徒がほとんどである。夏から秋にかけて4か月連続で大きな大会がある。

0からスタートして全国屈指の強豪校に 「鳥取城北高校」

鳥取城北高校はこの数年間、団体戦で最も結果を残している高校である。特に2011年には圧巻の成績だった。6つの大会の個人・団体すべてで優勝を果たし、なんと高校六冠を達成したのだ。今年もすでに弘前大会、インターハイで優勝しており、今もっとも注目すべき高校といえる。
しかし、決して昔から強かった高校ではない。1985年に創部したが、指揮を執る石浦外喜義(ときよし)監督曰く、当初は土俵すらない状態からのスタートだった。15年ほど前から外国人留学生も採用し、OBには現在でも各界で活躍している照ノ富士や逸ノ城がいるのだが、彼らも最初から強かったわけではなく、特に逸ノ城は女子部員にも土をつけられてしまうほどだった。
石浦監督の熱心な指導のもと、彼らは成長し、全国屈指の相撲部にまで成長していった。指導の秘訣は”厳しさ”と”理詰め”だ。もちろん稽古中は厳しく、基礎から徹底的に教え込むが、その一方で単純な根性論ではなく、なぜその組み方がいけないのかなどをしっかりと説明しながら指導をする。体と頭、両方で理解するのが鳥取城北高校の相撲なのだ。

おすすめの記事