「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

誰でも分かる!大相撲八百長問題はこうやって起こった!

2016 11/15 19:42
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Inked Pixels/Shutterstock.com

大相撲の八百長問題について3分で知りたいと思わないだろうか。 八百長問題の概要や処分内容、そして八百長がいかにして起きたか説明する。

大相撲八百長問題ってどんな問題?

2011年、大相撲界に衝撃が走った。テレビや新聞などのメディアでも大々的に取り上げられた「大相撲八百長問題」だ。現役の大相撲力士による、本場所での取り組みにおける八百長疑惑が持ちかかったのだ。
八百長自体は法に触れる行為ではないが、白星がお金で売買されていたということで、より大きな問題へと発展した。しかも、何十万円という大金が動いていたというから驚きだ。 力士同士がメールでやり取りをして、勝ち負けはもちろん、具体的な決まり手なども事前に打ち合わせをしていたそうだ。

2010年の野球賭博問題の捜査中に大相撲八百長疑惑が浮上

大相撲八百長問題が明るみに出たのは、前年の「大相撲野球賭博問題」の捜査がきっかけだ。捜査上で賭博に関与した疑いのある力士の携帯電話を押収してメールを調べていたところ、八百長に関するメールが発覚したのだ。
大相撲の八百長に関しては、兼ねてから噂されていた問題であり、週刊誌などが幾度となく報道してきた。それに対して相撲協会はその都度否定。訴訟を起こして相撲協会が勝訴したこともある。八百長問題が明るみに出た当初、相撲協会は一切の事実を否定していたが、力士が八百長を認める旨の供述をしている。

おすすめの記事