「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の中でも重要な人物!世話人について解説

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oliver Foerstner / Shutterstock.com

大相撲にはさまざまな人たちが密接に関係しているが、その中でも重要な位置を占める世話人について知りたい人も多いと思う。 そこで今回は、大相撲における世話人について解説する。

世話人ってどんな人

まずは、世話人ってどんな人、という点から解説する。世話人とは、その名の通り、力士の身の周りの世話を行う人のことをいう。芸能人でいえばマネージャーにあたる役職だ。
世話人は誰でもできるわけではなく、元力士がなることが多いのが特徴だ。しかも、力士となって経験の浅い人がなれるわけではなく、よりベテランに近い力士が世話人になる傾向が強いだ。目安としては、現役生活20年以上のベテランが該当する。

世話人はどのくらいいるの?

世話人はどのくらいいるかというと、現在は13名が各部屋で世話人を務めている。意外に人数は少ないものだ。
実は、世話人は定員が決まっていて、昔は8人制とされていたのだが、2004年から今の13名に変更されている。
しかも、一般的な企業と同じように65歳が定年となる。逆に言えば、それだけ年齢を重ねた人が世話人を務めることが多いのだ。イメージ的には若手がやっているような感じだが、意外だ。

おすすめの記事