「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲に欠かすことのできない「行司」を徹底解説!

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

行司の裏側について知りたいと思わないだろうか? そこでこの記事では、行司になるための条件や給料、そして階級などをご紹介する。

行司になるにはどうしたら良いの?

土俵の上で「はっけよ?い、のこった!のこったのこった!」と言っている人が行司だ。力士が取り組みを行う上で、なくてはならない存在だ。そんな行司になるためには、どうしたらよいのだろうか?
まずは、行司になるための条件がある。その条件とは「中学校卒業以上の満19歳未満の男性」「健康面において相撲協会から的確と認められた場合」。たったこれだけだ。
特に行司になるための資格が必要というわけではない。しかし、年齢制限があるので、20歳を超えてしまっては、どう頑張っても行司になることは不可能だ。
ただ、この条件を満たしていれば誰でも行司になれるかというと、そう簡単な話でもない。行司も、まずは相撲部屋に属する必要がある。そして、行司会と相撲協会に推薦してもらい、審査に通過して、かつ定員に空きがある場合のみ、晴れて行司になることができる。
しかし、定員があるので、定員に空きがない場合は、これらを満たしていても行司になることはできない。

行司には9つの階級がある!

十両や幕内、大関、横綱など、力士に番付が存在するように、行司にも番付(階級)がある。

  • 序ノ口格行司
  • 序二段格行司
  • 三段目格行司
  • 幕下格行司
  • 十枚目格行司
  • 幕内格行司
  • 三役格行司
  • 立行司格式守伊之助
  • 立行司格木村庄之助

出典: 大相撲・ファンの為の応援ブログ

上の階級である「立行司格式守伊之助」「立行司格木村庄之助」のみ定員があり、最大で2名までと決まっている。
それ以外は特に定員はなく、条件を満たしていれば昇格していくという仕組みになっている。
しかし、行司全体で45名と決まっている。さらに、十両格以上の行司は22名までと決まっているので、昇格するにもいろいろ決まりがある。

行事の給料は階級によって異なる

行司の給料は「本俸」「衣装代」「手当」の3つで構成されている。まずは、「本俸」の基準額から見ていこう。

  • 序ノ口格行司:1万4000円?2万円未満
  • 序二段格行司:2万円?2万9000円未満
  • 三段目格行司:2万9000円?4万2000円未満
  • 幕下格行司:4万2000円?10万円未満
  • 十枚目格行司:10万円?20万円未満
  • 幕内格行司:20万円?36万円未満
  • 三役格行司:36万円?40万円未満
  • 立行司格式守伊之助:40万円?50万円未満
  • 立行司格木村庄之助:40万円?50万円未満

出典: 大相撲・ファンの為の応援ブログ


行司は相撲部屋に属しているので、衣食住に困ることがないとはいえ、序ノ口格行司で1万4000円?2万円未満とは、なんとも厳しい世界だ。
そして「衣装代」だが、これも階級によって支給額が異なる。

  • 幕下以下の行司:2万円
  • 十枚目格行司:2万5000円
  • 幕内格行司:3万円
  • 三役格行司:4万円
  • 立行司:5万円

出典: 大相撲・ファンの為の応援ブログ

相撲をなんとなく見ていても、行司の衣装に気づく人はあまりいないかと思うが、実はこのように衣装代にも違いが出ているのだ。
今後は、行司の衣装にも注目して相撲を見てみて欲しい。

まとめ

裏側を知ると、行司はとても大変な仕事だということがわかる。 今後、相撲を見る際は、行司にも注目して観戦してみてほしい。

関連記事

おすすめの記事