「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

親方やちゃんこや整体まで!大相撲引退後のお相撲さんの進路

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

プレーヤー寿命が短い力士は、引退後に何をしているか知りたいと思わないだろうか。 大相撲引退後の進路について紹介する。

意外と早い!?大相撲を引退する年齢は平均31歳

一般的に、大相撲を引退する年齢は平均31歳と言われている。
テクニックはもちろんだが、体力が勝敗に大きく左右されるスポーツだので、選手としての寿命は決して長いものではない。
第58代横綱で、2016年7月31日に亡くなった千代の富士が引退する際に発した「体力の限界です」というセリフはあまりにも有名だが、この当時、彼は35歳。「小さな大横綱」として日本相撲界の歴史に名を刻んだ千代の富士でも、体力の衰えには敵わなかった。

【引退後の進路】相撲協会に残って後進の指導にあたる

大相撲引退後は、千代の富士のように、引退後も相撲協会に残って後進の指導にあたるケースが一般的だ。なお、親方というのは敬称で、正式には日本相撲協会でいう「年寄(としより)」のことを指す。
親方として相撲協会に残るためには、年寄になる必要があり、部屋ごとに契約を結んでいるコーチやマネージャーは、実際には日本相撲協会の協会員ではない。
千代の富士以外にも、第65代横綱の貴乃花、取り組み前のユーモア溢れる「気合入れ」がファンの人気を集めた高見盛なども、年寄として後進の指導にあたっている。

おすすめの記事