「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の“大阪場所”を知って観戦を10倍楽しもう!

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

大阪場所の醍醐味を知りたいという人も多いと思う。 そこでこの記事では、大阪場所の日程や座席、そして大阪場所に持っていくべきアイテムなどを紹介する。

大相撲の大阪場所は三月場所のみ

大相撲の本場所は1月、3月、5月、7月、9月、11月に6回開催される。
その中でも大阪場所は3月に行われる「三月場所」のみ。平成28年の日程はすでに終了しているが、平成29年と30年の三月場所の日程が発表されている。

・平成29年三月場所:3月12日(日)~3月26日(日)
※チケットの販売は平成29年2月5日(日)
・平成30年三月場所:3月11日(日)~3月25日(日)
※チケットの販売は平成30年2月4日(日)

開催場所はエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)。
JR・南海電鉄の難波駅から徒歩2分と、アクセスも申し分ない。

チケットは3タイプから選んで購入

大相撲の観戦チケットは、「溜席」「マス席」「イス席」の3タイプから選んで購入する。
もっとも土俵に近い「溜席」は一番高額だが、それでも1万4800円ほど。ただ、とても人気のある席なので、抽選での購入になる。ちなみに、この席は靴を脱いで座布団の上でゆっくり観戦することができるが、力士たちの転落も考えられるため、小さいお子様やお年寄りの方の購入は不可となっている。
「マス席」は9500円~1万1700円。この席も座布団の上での観戦になる。伝統や品位を重んじる相撲の観戦と聞くと、どうしても高額なイメージを抱きがちだが、意外とリーズナブルなお値段で購入することができる。
2階席を意味する「イス席」は3100円~9800円だ。
これらはすべて前売りでの販売になるが、もしチケットをゲットできなかった場合でも、当日券の販売がある。しかも、当日券は大人2100円、4歳~15歳200円と、映画を見るくらいの値段で映画を観戦できる、とてもお得なチケットだ。
ただ、当日券は必ず購入できるわけではないので、早めに会場に着いておくとよいだろう。

おすすめの記事