「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲の“東京場所”を知って観戦を10倍楽しもう!

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz / Shutterstock.com

東京場所を観戦しにいく醍醐味を知りたいという人も多いと思う。 そこでこの記事では、大相撲の東京場所の楽しみ方を紹介する。

大相撲の東京場所は年に3回開催される

大相撲の本場所は奇数月の1月、3月、5月、7月、9月、11月の6回開催される。
このうち、1月と5月と9月に行われるのが東京場所だ。開催場所は両国国技館だ。JR総武線の両国駅西口から徒歩2分の場所にあるので、アクセスも抜群だ。
なお、期間は連続した15日間。今後の東京場所の日程は以下の通りだ。

平成29年一月場所:1月8日(日)~1月22日(日)
平成29年五月場所:5月14日(日)~5月28日(日)
平成29年九月場所:9月10日(日)~9月24日(日)

チケットは最安2000円から購入可能

大相撲の座席には「溜席」「マス席」「イス席」の3タイプがある。
その中でも、一番土俵に近い「溜席」はおよそ1万5000円くらい。ちなみに、この席は力士たちの転落による傷害の恐れもあるので、小さなお子様やお年寄りの方は購入不可となっている。さらに、飲食や写真撮影などは一切できない。
その次に土俵から近い「マス席」のチケット代金は1万円~1万2000円くらい。溜席と同様に靴を脱いで座布団の上で観戦するが、溜席との大きな違いは、飲食も写真撮影なども可能な点だ。ゆっくり飲食も楽しみながら観戦したい方には、このマス席がおすすめだ。
そして国技館の2階席にあたる「イス席」のチケット代金は4000円~9000円。こちらも飲食や写真撮影はOK。国技館の全体の雰囲気を楽しみつつ、相撲を観戦したい方には打って付けだろう。
これらはすべて前売りでの販売になり、販売は本場所のおよそ1ヶ月前からスタートする。
早めに購入しないと売り切れになってしまうことが多く、その場合は当日券が狙い目だ。当日券の販売はイス席のみだが、値段がおよそ2000円と非常にリーズナブルで、映画を観にいく感覚で相撲観戦ができる。

おすすめの記事