「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

廃止の危機?国技になったのはいつ?大相撲の歴史をひもといてみよう

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Yuka Tokano/Shutterstock.com

日本の国技は「相撲」。 なぜそう呼ばれているのか知りたい方もいらっしゃるのではないだろうか。 その理由と、大相撲の歴史を紹介する。

「国技」は法律で定められるわけではない?

国技は、カナダのアイスホッケーのように法律で定められて特別の待遇を受けている場合もある。しかし、多くの場合は、国民に深く親しまれていたり、歴史的に重要だったりするため、慣習として国技とされていることがほとんどだ。
日本の場合も後者にあたる。相撲の他にも、剣道、弓道、柔道といった武道が国技だという考えもある。
もともと、「相撲が国技」という考え方が世に広まるきっかけになったのは、1909年に両国の相撲常設館を「国技館」と命名したからと言われている。

「古事記」にも「日本書紀」にも書かれていた相撲

相撲は、古墳時代の埴輪や須恵器にも書かれるほど、古くから行われていた。
「古事記」には、神様同士が行い、勝負にならなかったことが記されている。一方、「日本書紀」には、最古の人間の力士同士による取り組みが記載されている。
紀元前23年7月、出雲の野見宿禰(のみのすくね)が、大和の当麻蹴速(たいまのけはや)を、天覧試合で負かしたそうだ。ただ、試合内容は蹴りの応酬、最後は命を奪うもので、我々が知る相撲とはほど遠いものだった。

おすすめの記事