「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

元横綱・曙が外国人初の横綱として大相撲界に残した功績

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://columii.jp

若貴兄弟の好敵手として土俵を盛り上げたハワイ出身の巨漢力士、横綱曙をもっと知りたいと思う方も多いのではないだろうか。 元横綱曙について紹介する。

ハワイ時代はバスケットボールの有望選手

第64代横綱曙太郎は、1969年5月8日にアメリカのハワイ州オアフ島で生まれた。運動能力に優れ、身長もあったことから、高校、大学とバスケットボール部で活躍する。
ハワイパシフィック大学を中退した頃、ハワイ出身力士で部屋を興していた東関親方(元関脇高見山)に誘われ、大相撲の道に進んだ。大相撲入りを決心した理由について、引退後、ハワイで日本人相手に観光ガイドができるよう、とにかく日本語を覚えたかったと述べている。
しかし、日本で初土俵を踏んでみると、曙の闘争心に火がつくことになるのだ。

初土俵で出会った大相撲界のサラブレッド

東関部屋に入門した曙は、1988年三月場所、大海の四股名で初土俵を踏む。
同期には横綱若乃花、横綱貴乃花、大関魁皇など、そうそうたる名前が揃っていた。後に花の六三組(ロクサングミ)と言われ、曙の終生のライバルとなる力士たちとの最初の出会いだ。
特に、若乃花、貴乃花の兄弟力士は、入門当時からマスコミにも取り上げられていて、人気も格別で、自分との違いを見せつけられた。大関貴ノ花を父に、横綱初代若乃花を伯父に持つ相撲界のサラブレッドには負けたくないという闘争心が持ち上がるのも、しごく当然の成り行きだった。

おすすめの記事