「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

元横綱・貴乃花が残した最年少記録と大相撲人気への功績

2016 10/12 03:34
貴乃花
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Route246

若貴フィーバーで大相撲が最高に盛り上がった時代がある。当時を思い出す方や、もっと知りたい方は多いのではないだろうか。 ここでは若貴の一人、元横綱貴乃花について紹介する。

わんぱく横綱にもなった小学生時代

第65代横綱貴乃花光司は、1972年8月12日、元大関貴ノ花の次男として東京都杉並区で生まれる。伯父は元横綱初代若乃花で、相撲名門一家のDNAを受け継いで生まれてきた。 小学生の頃から相撲が大好きで、小学校時代にわんぱく横綱にもなっている。小学校を卒業すると、兄(元横綱3代目若乃花)の後を追って明大中野中学に進み、相撲部に入る。
そして中学校を卒業すると、父親の藤島部屋に入門し、父親の果たせなかった横綱に向けての一歩を踏み出した。この時、兄も一緒に入門し、お互いにライバルとして切磋琢磨することになる。

好敵手と巡り合った初土俵

入門した年の1988年三月場所に初土俵を踏む。このときの四股名は本名に父親の貴ノ花から一字をもらった貴花田だった。 三月場所は就職場所とも呼ばれ、例年初土俵力士の多い場所だ。この年の三月場所は、人数もそうだったが、有望な新弟子の多い場所だった。
後に花の六三組(ロクサングミ)と呼ばれる面々で、兄の横綱若乃花をはじめ、横綱曙、大関魁皇と、後に相撲界を支える大物が同じ場所で初土俵を踏んだ。特に、横綱曙は、お互いをライバルと認め合い、名勝負を数多く残した相手だった。

おすすめの記事