「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スカッシュで使うアイガードのおすすめを解説!

2017 4/5 09:49dada
スカッシュ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Ljupco Smokovski/ Shutterstock.com

スカッシュで使用する「アイガード」のおすすめの製品や選び方を解説していきます。 「アイガードのことなんてまったく分からない」という方は、ぜひご覧ください。 あなたにぴったりの製品が見つかるかもしれませんよ。

アイガードを着用する意義とは?

まずはアイガードを着用する意義について考えてみましょう。スカッシュをよく知らない方の中には、「テニスと似たスポーツならラケットとボールがあれば良いのでは?」とおっしゃる方も多いようです。
スカッシュはテニスと似たスポーツではありますが、相手選手に向かってボールを打つのではなく、壁に向かって打つスポーツです。壁にぶつかったボールは思いがけない跳ね返り方をすることがあるため、テニス以上に顔への衝突の危険があります。
そのため、テニスと違ってスカッシュはアイガードと呼ばれる道具で目を保護する必要があるのです。ルール上でも着用することが義務付けられています。

アイガードを販売している有名なブランドとは?

アイガードを販売している有名なブランドには、「Tecnifibre(テクニファイバー)」、「KARAKAL(カラカル)」、「SALMING(サルミング)」などがあります。どれも大型のショッピングサイトなどで購入が簡単であり、さまざまなデザインの物が販売されているようです。
製品を購入する際は、デザイン性で選ぶのも良しです。スカッシュではラケットやシューズだけでなく、今回紹介しているアイガードでも個性を表現することができますよ。

おすすめの記事