「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スカッシュ初心者のための打ち方講座

2017 2/16 10:10
スカッシュ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ESB Professional/Shutterstock.com

スカッシュを始めてみたいけれど、練習のやり方が分からない…。そんな初心者さんのためにスカッシュの打ち方を伝授します。初歩的な練習方法を知って、腕前をステップアップしていきましょう。スカッシュの魅力に取り付かれてしまった方のための初級講座、ここに開催!

スカッシュとはどんな競技?

スカッシュとは、四方を壁に囲まれたコートで行う屋内スポーツのこと。使用する道具をはじめテニスに似た競技スタイルで、現代では188カ国2,000万人がプレーしているとされています。
ルールは小さなゴム状のボールをラケットで壁に向かって打ち合う行為を基本とします。試合は2名(ダブルスの場合は4名)で行い、ラリーをして勝った際に与えられるポイントを競います。1ゲーム11点先取を上限として5ゲームを行い、そのうち3ゲーム先取した方が勝利となります。

スカッシュの基本的な動きとは?

スカッシュにおいて大切な動きとなるのが『Tポジション』というポジションを取ることです。『Tポジション』とはコートの中央の部分が『T』に見えることから名付けられたもので、上手な選手たちはこの『Tポジション』上ですべての動作が始まっているのです。
まさに『Tポジションを制するものが試合を制する』といったところでしょうか。基本の動きはスカッシュの打ち方にもつながる大切な要素となるので頭に入れておきましょう。

おすすめの記事