「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードスケート、オリンピック名場面5選!

2017 2/9 18:26
スピードスケート オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint / Shutterstock, Inc.

スピードスケートは、冬季オリンピックでも「花形」と言える競技ではないだろうか。 今回は、オリンピックのスピードスケート名場面5選を紹介する。

長野オリンピック、男子500m

1998年の長野オリンピック、男子500mで金メダルを獲得した選手が清水宏保だ。 前年度のW杯で総合優勝していた清水は、金メダル候補の筆頭としてオリンピック本戦に臨んだ。オランダやアメリカなどの強豪国は軒並み長身の選手が中心だったが、ひときわ小柄な清水はロケットスタートを武器に戦い、見事優勝を成し遂げた。
日本のスピードスケート界において初の金メダル獲得、さらに母国での活躍ということで、大きな話題となった。

ソルトレイクシティオリンピック、男子ショートトラック1000m

南半球に初の冬季オリンピック初の金メダルをもたらした選手が、オーストラリアのスティーブン・ブラッドバリーだ。その金メダルは、思いもよらぬ形で手にしたものだった。 まず、準々決勝で3位となったブラットバリーは、2位までしか進出できない準決勝へは進めないはずだったが、上位選手の失格により、繰り上がりで準決勝に進出。続く準決勝でも、終始最下位(5位)につけるレース展開だったが、上位3人の転倒、1人の失格により、1位で決勝進出。そして決勝でも、準決勝以上に最下位につけていたが、ゴール直前に先頭の4人が全員転倒したため、1位でゴール。
「棚ぼたの勝利」での金メダル獲得という、非常に珍しい展開となったレースだった。

おすすめの記事