「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードスケート「黒岩敏幸」~偉大なる功績~

2017 2/9 18:26
スピードスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典www.yomiuri.co.jp

黒岩敏幸は、オリンピック3大会出場、銀メダル獲得など、1990年代を代表する名選手だ。 今回は、黒岩敏幸の生い立ちから功績までを紹介する。

生い立ち

黒岩敏幸は、多くのスケート選手を輩出した群馬県吾妻郡嬬恋村出身だ。嬬恋村では冬になるとスケートが盛んになり、3歳の頃から天然の田んぼリンクなどで遊びとしてスケートを始めた。 小学校4年から、課外活動のスケート部に入部。毎日暗くなるまで練習に打ち込むなど、スケートにのめり込んでいくことになる。
中学校に進学後も、さらにスケートに熱が入り、練習を重ねる日々が続く。そんなある日、黒岩に1つのターニングポイントが訪れる。

同じ姓の「黒岩選手」

中学3年の時、同郷のスピードスケート選手・黒岩彰がサラエボオリンピックに出場した。この時は、村をあげて応援するほどの熱の入りようだった。残念ながらメダルは獲れなかったものの、これほど人を感動させるスケートに対して感銘を受けた。
そこで、取材を受けた際、「将来の夢はオリンピック選手」と答えている。これをきっかけに、高校に進学してからも、スケート選手にとってきつい夏場の練習にも熱心に打ち込むなど、人一倍努力を続けた。

おすすめの記事