「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あの熱狂を日本で再び!女子ソフトボール五輪の復活とその歴史

2017 2/9 18:26
ソフトボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by stuart.ford/Shutterstock.com

2016年8月3日国際オリンピック委員会(IOC)の総会にて2020年東京大会で、女子ソフトボールが2008年北京五輪以来の正式競技としての復帰が決定した。あの熱狂を次は日本で見られるのだ。五輪の正式種目になり、競技から外れ、再び東京五輪で復活を遂げるまでの歴史を紹介する。

ソフトボール五輪の歴史

1921年(大正10年)東京高等師範学校教授の大谷武一氏がアメリカ留学から帰国した際にソフトボールを学校体操科の遊技として紹介した。この出来事が日本のソフトボールの歴史の始まりだった。以降、普及が進み昭和24年3月にはソフトボールの日本協会が設立された。
五輪では、ソフトボールは女子のみの競技として1996年のアトランタ五輪から正式種目として選ばれた。当初は、アトランタ五輪限定だったが、2000年シドニー五輪、2004年アテネ五輪、2008年北京五輪まで開催された。残念ながら2012年ロンドン五輪では競技種目から除外となってしまった。

女子ソフトボール日本代表の五輪での活躍に熱狂

女子ソフトボール日本代表は、1996年のアトランタ五輪では、初めての五輪の予選リーグで当時の強豪国の中国を破る大金星を挙げたが、決勝トーナメントの初戦で敗れ、惜しくも4位に終わった。
2000年のシドニー五輪は、当時カリスマと呼ばれていた宇津木妙子ヘッドコーチがチーム率い、予選では無敵と言われていたアメリカを破り、全勝で決勝まで駒を進めたが、再戦となったアメリカに惜しくも逆転負けし、銀メダルに終わった。 2004年のアテネ五輪でも、打倒アメリカで望んだが、オーストラリアに敗戦し銅メダルで終わった。
2008年の北京五輪では、序盤に苦戦しながらも、エース上野由岐子選手の大活躍で何とか決勝まで駒を進め、宿敵であるアメリカとの接戦を制し、悲願の金メダルを獲得した。
五輪での活躍は、選手たちの努力の積み重ねから生まれたもので、強豪国から金星を挙げ、躍動する姿は見る者に感動を与えた。

おすすめの記事